絵本♡「あかいろうそく」・相談してみると思い込みに気づくこともある。

4月17日(月)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

今日は、群馬・東吾妻にある「岩井親水公園」で、すいせんと桜のコラボを見て来ました。強風が吹いていたためか、人もあまりいなくて(笑)独り占め的に見られました。

18033285_1322406754503373_4446990003188643959_n 17904307_1322406797836702_6148499973819091516_n

すいせんや、桜の絵本を用意出来れば良かったのですが・・・今日は、ろうそくの絵本です。

350_Ehon_90037

(作: 新美 南吉  絵: 鈴木 寿雄  出版社: フレーベル館 )

☆☆

里に下りて来た さるが、1本の赤いろうそくを拾いました。さるは、この赤いろうそくを花火だと思い込んで、山に持って帰りました。山の動物たちは、花火など見たことがありません。さるは、花火とはどういうものかを話ました。夜になると、山のてっぺんまで、さるが花火を持って行きました。

木にろうそくを、くくりつけたのですが、誰が火をつけるのか・・くじ引きをしました。すると、いのししがその役になり火をつけました。ですが、ろうそくは、静かに燃えているだけでした。

☆☆

ロゴ

思い込みが、安全な方向に思い込んで良かったです。逆に、花火なのに、ろうそくだと思ったならば大変なことになっていました。何か行動する時に、独断と偏見で、決めてしまわないで、誰かに相談することも必要ですね。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html