絵本♡「おおきなかしの木」・どんな物にも、はじめがあって終わりがある。

4月7日(金)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

今日は、えほんとカフェにて、家庭菜園のお話しを聞いて来ました。私の高校時代の友達が、土壌改良材の素晴らしい商品を紹介してくれました。微生物の威力にびっくりでした。

そんな家庭菜園のお話のあとに、マスターにスイーツを作って頂きました。家庭菜園の雰囲気をプラスさせて貰い、こんな素敵なワンプレート仕上げでした。

17795684_1311185238958858_7177889493139206307_n

今の土壌の現状を聞くと、自然の恵みとはかけ離れた土壌です。今までのように植物を安心して食べてきた時代は、もう終わったのでしょうか。出来るだけ良い物・自然なものを食べていきたいですね。

今日の絵本は、大自然の中で大きく育ったかしの木のお話です。

350_Ehon_12728

(作: エリザベス・ローズ  絵: ジェラルド・ローズ  訳: ふしみみさを  出版社: 岩波書店      )

☆☆

昔のことです。かしの木から、落ちたどんぐりをリスが拾い、移動する途中に落としてしまいました。そのどんぐりは、やがて芽を出し、かしの木となってゆっくりどんどん 大きくなっていきました。数百年たち、キツネが根元に巣を作りました。そのあと、アナグマも暮らしていました。やがて人間が、かしの木の近くに道を作りました。かしの木の近くで、戦争まがいのことも起こりました。その後、平和も訪れ、かしの木で遊んだりしながら、村は町になりました。

そんなある日、天気が荒れ、かしの木に雷が落ち、かしの木は焼け、みんなは、バケツで水をかけましたが、かしの木は、焼けてしまいました。その後切り倒されて、年輪を数えると1000歳を超えていたそうです。   ある日、そのかしの木の切り株に、リスがどんぐりを手に持ってやってきました。

☆☆

ロゴ

ケヤキの木、かしの木などは、1000年位の寿命があるそうです。ヤクシマにある屋久杉は、2000年~3000年と言われているそうです。でも、自然環境は厳しく、そこまで生き続ける木は稀みたいですね。

そんな木のことを考えると、私たち人間の寿命は本当に短いです。大樹は、どしんと構え、人間の移りゆく姿をじっと見ているのかも知れないですね。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html

絵本♡「かにのしょうばい」・みんなの力を合わせれば出来ることもある。

4月5日(水)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

今日は、意外な1面を発見!と感じる絵本をご紹介したいと思います。それは、「ごんぎつね」や、「てぶくろを買いに」・「あかいろうそく」などの作品を書いた、新美南吉さんの作品です。感慨深い作品を書かれる新美さんですが、楽しい絵本も書かれていらしたのです。

新美南吉さんは、たくさんの絵本の文章と、童話を書き、29歳の若さで、この世を去った方です。作品は、100冊以上あるようです。

その中の1冊で、「かにのしょうばい」をお届けします。

350_Ehon_83546

(作: 新美 南吉  絵: 山口 マオ  出版社: 鈴木出版

☆☆

かには、とこやを始めました。ところが、お客は一人も来ません。そこで、出かけて行くことにしたのです。海にいくと、たこがいて、とこやにかかりませんか?と薦めます。けれども、私の頭は、つるつるしてて毛がないよ、と言います。そこで、かには今度は、山に行きます。狸がいて、毛をかることにしました。でも、3日かかりました。

狸のあとは、狸のお父さんの毛をかってあげると約束したのですが、お父さんは、山の大きさほどもある人だというので、一人では無理だと思いました。そこで、子や孫をみんな、床屋にしたのです。なので、かには、みなはさみを持っているそうなのです。

☆☆

ロゴ

かにが、はさみを持っている理由が分かりました。(笑) みんなが力を合わせれば、どんな大きなものでも、何とかなるのですね。一人でやろうとしないで、みんなでやる!そんな考えも必要ですね。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html

絵本♡「おおきくなるっていうことは」・人は精神的に成長するために生きている。

4月3日(月)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

杉並の高円寺にある絵本カフェに行ってきました。「座高円寺」という劇場の2階です。看板も広告も出てる様子はなく、知る人ぞ知るという感じのカフェでした。グランドピアノもあって、プチコンサートも出来る場所の様でした。ランチも美味しかったです。

17523085_1306644519412930_6160042295517610521_n 17796654_1306644512746264_8485574661929650765_n

17796707_1306644526079596_892147708930734169_n 17634829_1306644576079591_9005382262266788601_n

今日の絵本は、「おおきくなるっていうことは」です。

350_Ehon_445

(作: 中川 ひろたか  絵: 村上 康成   出版社: 童心社 )

☆☆

大きくなるっていうことは・・洋服が小さくなること、新しい歯が生えてくること、水に顔を長くつけられるってこと・・・・と言うように大人になると色々変化があり、考えて行動することになります。またひとつ大きくなった、おめでとう、みんな。と、締めくくられています。

☆☆

ロゴ

大きくなるということは、どんなことで成長するのだろうと、思わせる絵本です。年を重ねるということは、人にどんな変化をもたらせるのだろうと、考えるのも時にはいいですね。

色んな面で、成長したいですよね。人は、体の成長には限界がありますが、精神的には限界がないように思います。人は、色んな人とまじ合いながら、精神的にどんどんと成長するために、生きているのだと思うのです。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html

絵本♡「よあけ」・自然の素晴らしさは、毎日繰り広げられている。

3月31日(金)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

高校野球、今日は雨で中止でしたが、いよいよ明日決勝ですね。ベスト4位から、どのチームも同じレベルのような気がします。解説者の方も、実力的には紙一重でしたと、試合を振り返って言っていました。青春ですね~。
そんな中、那須のスキー場でのなだれ事故を耳にすると、同じように青春をかけぬけていた高校生なのに、一瞬にして命を落としてしまった悲劇に、胸が痛みます。亡くなった方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

今日は、私たちに必ず訪れる「よあけ」の絵本をお届けします。

350_Ehon_968

(作・絵: ユリ・シュルヴィッツ  訳: 瀬田 貞二  出版社: 福音館書店  )

☆☆

 音もなく静まりかえった湖の木の下に、おじいさんと孫が寝ている。まだ月明りの時間。だんだんと明るくなっていく。鳥がどこからか鳴きだすと、おじいさんは起き、孫を起こす。二人はボートを漕いで湖に出る。オールの音と水しぶきの音を聞きながら、船をこぐ。その時、山と湖が緑になった。夜が明けた。

☆☆

ロゴ

鳥が鳴きはじめ、辺りがだんだんと明るくなってゆく夜明け。1日の幕開けですね。なんとも言えない清々しさを感じます。この絵本は、その様子をきれいな絵で表現しています。毎日、夜明けの時間帯があるのですよね。(私は寝ていますが・汗)早起きの方は、夜明けの気持ちよさを味わえるので幸せだと言いますが。

そう思うと

1日の間で自然の素晴らしさが繰り広げられている場面は、たくさんあるのに、私たち人間が、それに気づいていないだけなのかもしれませんよね。出来るだけ自然の美しさを探し感動しましょう。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html

絵本♡「いつでも いっしょ」・時々、兄弟(姉妹)の愛を感じてみよう。

3月29日(水)

 

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

みなさんは、夢の中で笑うことはありますか?私は、今朝、夢で笑っている自分に気づいて目が覚めました。「え~、おもしろ~い。でもこれは夢なんだ!」って夢と現実の狭間をウトウトと、さまよっていたようです。

だから何?と、話は次に進まなく、これでおしまいなのですが(笑)

今日は、いつも一緒にいる兄弟ぐまの絵本をご紹介します。

350_Ehon_80997

(作・絵: みぞぶちまさる  出版社: 絵本塾出版       )

☆☆

ムック(兄)と、チャッピー(弟)は、いつも一緒にいるクマの兄弟です。お兄ちゃんが、遊びに行こうとすると、いつも、「ぼくも。ぼくも」と、弟がついてきます。そして、弟はいつも、手に負えないことになり、「おにいちゃん、たすけて!」と、助けを求めるのです。そんなことが繰り返されていくと、お兄ちゃんグマは嫌になり、一人で出かけることになりました。

お兄ちゃんグマのムックは、ある日、一人で出かけて、蜂の巣を手に入れようとして、蜂に刺されてしまいました。痛くて心細くて、涙がこぼれました。やっぱり、兄弟一緒がいいのです。

☆☆

ロゴ

お兄ちゃんのあとをいつも追いかける弟。お姉ちゃんのあとを、追いかける妹。そんな子供時代の経験をされた方、多いのではないかと思います。喧嘩をしながらいつも一緒にいる、そんな存在が兄弟姉妹なのですね。

兄弟愛をとても良く表している絵本です。こんな風に、人類皆のことを兄弟姉妹のように思えたらステキな世界になるでしょうね。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html

 

 

絵本♡「リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう」・発想の転換をしてみよう。

3月27日(月)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

昨日は、夕方テレビを見るのが忙しかったです。

高校野球の延長戦を見つつ、相撲の千秋楽を見つつ、夕ご飯の用意をしつつ、BSで大河ドラマを見ようとしてたら、てんてこ舞いでした。(笑)横綱・稀勢の里の優勝すごかったですね~。ケガをしても最後まで諦めない姿勢に胸を打たれた方は、たくさんいらっしゃったと思います。

それから、高校野球真っ盛りの今、話題の早稲田実業の清宮君、今日は頑張りましたが、負けてしまいました。バッテリーだけあって、どんどん攻める姿勢は、高校生ではありますが、しっかり仕事してる~!!という感じでした。(笑)また夏に甲子園に登場してくれることを期待しています。

今日の絵本は、発想を変えてみるのも楽しい、という絵本「リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう」をご紹介します。

350_Ehon_21222

(作・絵: カタリーナ・ヴァルクス  訳: ふしみ みさを  出版社: クレヨンハウス    )

☆☆

リゼッテが、散歩に出かけると、靴下が片方だけ落ちていました。拾ってはいて歩いていると、ネコが、「片っぽだけって変だぞ」と言いました。そこで、リゼッテは、もう片方の靴下を捜し歩きました。でもどこにも見当たらないのです。

ネズミのベベールがやってきて、その靴下、帽子としてかぶっていい?と頭にかぶりました。リゼッテとベベールは、もう片方の靴下を探しに歩き出しました。途中、ネコに意地悪されながらも、探したのですが見当たらずに家に帰り着くと、お母さんが、もう片方の靴下を編んでくれていたのです。リゼッテとベベールは、それぞれ靴下をかぶると、楽しそうに踊り出しました。

☆☆

ロゴ

靴下は、足にはくものですよね、普通。でも、この2人は、頭にかぶったのです。それがまた、良く似合うのですよね~。そして満足してるのです。靴下としては、2つ揃わないと役に立たないですが、帽子にすると2人で楽しめるのです。発想を転換しただけで、楽しめることもある!ということですね。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html

絵本♡「みんなだれかに」・誰かに何かをして貰ってると思えるかな。

3月24日(金)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

1年前に英語の絵本「花びら ひらひらひら」という絵本を、しまうまプリントで形にしたのですが、その時に翻訳をしてくださった英語の先生にお会いしました。ある英文の意味が分からなくて、教えて頂くことになったのです。

わざわざ、自宅から40分かけて来てくださったので、お礼を用意しました。すると、先生も絵本作成の時に、お世話になったから、と、手土産を持ってきてくださいました。ここで言いたいのは、お礼とかお土産とか物の問題でなく、だれかの為にがんばり、その誰かも、誰かのためにがんばっている、ということです。

世の中って、そんな関係で成り立っているのですよね。

今日は、そんな絵本、「みんな だれかに」をご紹介します。

350_Ehon_35136

今日は、そんな絵本、「みんな だれかに」をご紹介します。

(作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 幻冬舎  )

☆☆

蜂が花に蜜を貰ってる。お礼に花粉を運びましょう。リスが木の実を食べています。お礼に種を植えましょう。ワニのお口で、食べかすを食べてる小鳥。ワニのはも、ぴっかぴか。魚がいそぎんちゃくに、ご飯を運んでいる。大きい魚に襲われそうな時、守ってくれるのでありがとう。小さい虫がうんちを転がす。そのうんちに卵を産むんだよ。みんな誰かに助けられ、みんな誰かを助けてる。

☆☆

ロゴ

持ちつ持たれつ、ですね。人は、一人では生きていけませんよね。たくさんの誰か のおかげで生きていられます。まずは、自分に一番近い人のために。そして、世の中の誰かのために。して貰っているからありがたい、という思いが先に生まれると、誰かのために生きやすくなりますね。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html

絵本♡「まめうしのももいろのはる」・待ってれば来るものと来ないものがある。

3月22日(水)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

最近は、(と言っても、しばらく前からですが)略語が多いですよね。就活・婚活・イクメン・パワハラなど、今では、普通に使っていますが、最初は「何の略?」って思いました。

なんで略語の話をするかと言いますと・・・うちの近所にいるうぐいすが、ここ数日で鳴くようになったのですが、鳴き方を略しているんです。「ホケキョ!」しか鳴かないのです。最初の部分の「ホーーーー」はどうしたの?と思いながら聞いています。(笑)

もしかして、「ホーーー」は、ホケキョを言う前の発声練習的なものなのですか?

まだ、寒いですが、ウグイスが鳴くと春ですよね。ということで今日は、春の絵本をご紹介します。

350_Ehon_13125

(作・絵: あきやま ただし  出版社: PHP研究所

☆☆

まめうしが散歩をしていると、まめじいに会いました。まめじいは、「春の匂いがする」と言います。でも、まめうしには分かりません。まめうしは、春の匂いを探しに牧場に行きました。くんくんと進んでみると、桜の木が全部ピンクでした。そのあとも、いい匂いがする~と匂いに魅かれて、進みます。すると、可愛い女の子がいました。

あずきちゃんと言います。その後、まめうしくんと、あずきちゃんは、いつも一緒にいました。鼻がなくなっちゃう夢など見ながら・・すると、冬眠からさめた、ネズミのアリスちゃんが、「だあれ?その子?」と。「アリスちゃん、もう冬眠からさめたの?」と慌てるまめうしくん。恋の嵐が吹き荒れそうな桃色の春でした。

☆☆

ロゴ

まめうしくん、春の匂いを探して、歩ていったら、素敵な女の子がいました。春は待っていても、やって来ます。でも、素敵な出会いは、まめうしくんのように探す行動をしないと出会えないですよね。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html

絵本♡「ぜつぼうの濁点」・深く落ちたところで、希望がみえる。

3月20日(月)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

今日は、春分の日でしたね。2017年がエネルギー的に本格的に始まるのが、今日なのだそうです。そして、宇宙元旦の日でもあるそうです。(これは、聞いたお話しでどいう根拠があるのかは分かりませんが、そう言われているそうです)エネルギー的にとか、宇宙の元旦とか、意味が分からないと思う方もいると思いますが、感覚的に理解して頂くということで、よろしくお願いします。

今日は、「ぜつぼうの濁点」という深く落ちたところで、希望がみえる。そんな絵本を紹介します。

350_ehon11410

(作: 原田 宗典  絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 教育画劇     )

☆☆

昔あるところに、言葉の世界があり、その真ん中に、ひらがなの国がありました。「あ」から「ん」までの五十音たちが、住んでいました。 ある時、道端に、「”」と、濁点のみが、ポツンと置き去りにされていました。

濁点は、長年「ぜつぼう」に仕えていたと言います。「せ」の字に忠実に仕えていたけれど、濁点である自分がいなければ、「せ」が希望を持って生きられると思ったのです。でも、その後、濁点をだれも貰ってくれないのです。

濁点は、沼のそこに連れていかれ、そこの底で、今までの自分を反省し、これでよいのだ!とつぶやくと、「きほう」が、漂いました。すると、「ほ」のじが、自分にくっつけーと叫びました。そこで、「きぼう」という言葉になって、この世を楽しむことができたのです。

☆☆

ロゴ

落ちるところまで落ちると、あとは這い上がるだけ。反省点を、吐き出せるだけ吐き出してしまうと、あとは、良いものが入ってくるようになっているようです。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html

絵本♡「ちっちゃなほわほわかぞく」・愛されることが先。

3月17日(金)

心のこりをほんわかほっこり 読みほぐす

絵本セラピストの あさみ笑子です。

ロゴ

今日は、前回に引き続き、愛でいっぱいな絵本をご紹介しますね。

ちっちゃなほわほわかぞく

51D9y8Eew6L__SX353_BO1,204,203,200_

(作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: ガース・ウィリアムズ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: 童話館出版 )

☆☆

お父さんとお母さんと、ほわほわ君の3人家族は、ぬくぬくの木に住んでいます。森にひとりで、出かけると自然がとっても綺麗で、草に鼻を近づけると、ハックション!するとおじいさんが出てきます。おじいさんも、ハックション。2人して大丈夫?と。

ほわほわ君は、川に出かけます。魚を捕っては川に流し、虫を捕まえては、逃がしてあげます。そして、家に帰るとお母さんがハグハグしてくれます。夕ご飯をたべると、お父さんとお母さんが子守唄を歌ってくれて、眠りにつくほわほわ君です。

☆☆

ロゴ

読み終わると、なんとも言えない温かさ・ぬくもり感がわいてくる絵本です。それは、どのページにも愛を感じるからだと思います。両親にとっても愛されている、ほわほわ君。愛されているからこそ、一人でも平気で森に行けるのだと思うのです。心が満たされているから・・・

人は、愛することと、愛されること、どちらが先だと思いますか?

愛されることが先なのだそうです。愛された経験がないと、人を愛せないようです。

笑子へのお問い合わせはこちらから・・・

http://www.asamiemiko.com/inquiry.html