月別アーカイブ: 2014年8月

「こきょうのそら」

H26・8・27 発

 秋の空2

急に涼しくなり 今日は、秋の気配を感じますね~。

先週、広島の阿佐南区を襲った土砂災害。

一瞬にして命が奪われてしまう天災の怖さを
あらためて感じます。
生き埋めの苦しさを想像しただけで、心が痛みます。

おくやみ

多くの方の命が奪われ、心よりご冥福をお祈りいたします。

そして、天災が起きる可能性に対して
日々の暮らしの中で、自分なりの対処の仕方を(住んでいる場所の環境を含め)
考えておく必要が
あると思いました。

 コスモス

今日は、秋の気配から 秋の空の童謡を選んでみました。

【童謡】

「こきょうのそら」

 秋の空1

♪♪

夕空はれて 秋かぜ吹き 月かげ落ちて すず虫なく

思えば遠し 故郷の空  ああ わが父母 いかにおわす

♪♪

 ロゴ

☆☆ 笑子より

この曲は、スコットランド民謡に 大和田建樹さんが詞を付けたものだそうです。

故郷を遠く離れて、暮らす人が、秋の夕暮に
両親や兄弟を思い出し、
今頃どうしているのかな~と もの思いにふける歌ですね。

夏から秋に季節が移り変わる時期
なんとなく、物思いにふけ センチメンタルになること、ありますよね。

そんな時、みなさんにとって より大切な人々を 思い出してみてはどうでしょうか。

 初秋6

ユーチューブはこちらです。↓
http://www.youtube.com/watch?v=Ars5aCkjDXM

 

今日の絵本は、
故郷の空に合わせて 「空」の絵本です。

【絵本】

「空の絵本」

空の絵本

(長田弘:文  荒井良二:絵 講談社)

だん

だだん

だんだん 雨はつよくなり

だんだん 青いいろが 灰いろになり

だんだん みどりが 灰いろになり

いつしか遠くなって しずかになって

あ やんだ

 ロゴ

☆☆笑子より

朝・昼・夜
と、空の様子を写しだしてくれる絵本です。

この絵本は

2011・3・11の東日本大震災のあと 2011・10・10に出版された絵本です。

 初秋8

作者の長田さんは、こう言っています。

☆☆

普通に朝がきて、昼がきて、夜がくる。 これは平凡で退屈な一日なんかじゃなくて、

ほんとうは、とんでもなく大切な一日であり、ありふれた奇跡、

なんでもないミラクルといっていい、かけがえのない一日なんだということを、

思い知らされたのは、東日本大震災後、それからの日々でした。

読み終えたら空を見上げたくなる、『空の絵本』が そのような絵本であればと思います。

☆☆

 初秋7

そして、今回の広島での災害でも感じましたが。

命をリレーしていく私たちは

限られた時間の中で、愛する人と共に過ごせる有難さを感じ

その日その日を大切に過ごし、

未来の世代の人々が、今と同じ「空」を見ることが出来るよう
(環境を守り)

命を繋げていけたらと思うのでした。

 おはなし絵本のロゴ4

【おはなし絵本サロンのご案内】

8月は、あと1回
第5土曜日(30日)

に開催予定になります。

テーマは「人生を楽しもう」です。

その他の曜日でも
お友達が集まるので、セラピーを。
というご希望がありましたら、ご連絡くださいね。

最近、この出張セラピーの方が多くなっていますが
絵本サロンの開催もしていますので。

 秋の空4

では、今週の後半もがんばっていきましょう。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

「はまべのうた」

H26・8・20 発

お盆を過ぎたこの時期
まだまだ暑いですが、夏の終盤に入ったかな?と
思わせる時期ですね~。

浜辺2

でも、まだ夏です。
まだまだ、夏を楽しみ、思い出のページを増やしましょうね~。

今日の童謡は、ちょっと大人の童謡です。
海にも色んな海がありますね。
しっくり、浜辺を歩いて昔を振り返る。
いいですね~。

浜辺1

【童謡】

「はまべの歌」

浜辺3

♪♪
あした浜辺を さまよえば 昔のこどぞ しのばるる
風の音よ 雲のさまよ よする波も 貝の色も
♪♪

☆☆
明日とは、朝のことだそうです。

朝 浜辺をあてもなく歩いていると
あの頃のことがが 次から次へと思い出される
風の音よ 雲の様子よ 寄せる波も 貝の色も
あの頃と同じ・・・

☆☆

ロゴ

笑子より

この歌の歌詞は
日本文学の良さを象徴しているそうです。

それは
言葉をはっきりとかかず・省略することで
読む人、聞く人の思いを自由にふくらませてくれる点にあるそうです。

この点は、絵本と似ていますね。

絵本も
簡単な文と絵から
その人らしい思いを映し出してくれます。

夏1

ユーチューブはこちらです。↓
歌詞のことを言っておきながら歌詞は英語ですが(苦笑)
スーザン  オズボーン の歌声です。
少し長いのでお時間のある時にどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=wjGbeG53Ftw

今日の絵本は、
自分の中の夏を感じる絵本です。

【絵本】

「なつのいちにち」

なつのいちにち
(はたこうしろう:作  偕成社)

シャーン シャーンと クマゼミ。
げんじの たにまで はしる。

きょうは ぜったい つかまえる。
ぼくが ひとりで つかまえる。

まってろよ!
でっかい クワガタムシ。

かぶとむし3

つかまえた!
つかまえた!

ロゴ

☆☆笑子より

暑い暑い夏の日。
子どもの頃に体感したあの記憶が蘇ってくる絵本です。
青い草の匂い、響き渡るセミの声。
そして大きな麦わら帽子をかぶって、
山へ向かって一心不乱に走る少年。

カブトムシ1

夢中になって遊んだ事が 記憶として体の中に残って欲しい、
心からそう思わせてくれる一冊です。

おはなし絵本のロゴ4

【おはなし絵本サロンのご案内】

第4土曜日(23日)と第5土曜日(30日)
に開催予定になります。
テーマは「人生を楽しもう」です。

その他の曜日でも
お友達が集まるので、セラピーを。
というご希望がありましたら、ご連絡くださいね。

かぶとむし2

では、今週の後半もがんばっていきましょう。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

「きんぎょのひるね」

H26・8・13 発

お盆1

お盆ですね。
昨日は、家の仏壇をお盆用にし、
盆提灯・お花・果物・おはぎをセットしました。
そして、今朝は暑くならないうちに
お墓参りに行ってきました。
でも、暑かったです。(笑)

お盆2

みなさんは、どんなお盆をお過ごしですか?

そして、全国高校野球も
3日目ですね~。
またしても、大量得点をひっくり返す試合があり
最近の高校野球は、最後まで油断できない戦いですね。

では
童謡にいってみたいと思います。
今日は、暑くても涼しそうに泳いでいる金魚の歌です。
金魚1

【童謡】

「きんぎょのひるね」
金魚3

♪♪赤いべべ着た 可愛い金魚
お眼目をさませば ごちそうするぞ

赤い金魚は あぶくをひとつ
昼寝 うとうと 夢からさめた♪♪

ユーチューブはこちらです。↓
http://www.youtube.com/watch?v=NSCVHz-bJQ8

ロゴ
☆☆笑子より

これは、金魚に話かけた男の子と 金魚の様子ですかね。
寝ているように見えた金魚に
目を覚ませば、ごちそうするよと話しかけ、
その言葉に金魚が反応したのでしょうか?
(昼寝うとうと夢からさめた)

金魚5

大正時代の歌だそうですが
のどかなイメージが伝わってきますね。
その時代には、金魚売りという商売が成り立っていたのですね。
「きんぎょ~、きんぎょ」と。

作者の引田龍太郎の故郷である
高知県安芸市に
この歌の歌碑があるそうです。
これです。

歌碑

今日の絵本は、金魚で揃えました。

【絵本】

「うちのきんぎょ」
2うちのきんぎょ
(文:谷口国博 絵:村上康成  世界文化社)

あるあさ おきたら、うちのきんぎょ、クロールしてた。
つぎのひは 平泳ぎしてて、
そのつぎのひは ふつうで・・・

つぎの つぎのひ あさ おきて みると
ぼくは きんぎょと いっしょに およいで いた

きんぎょがぼくに「ちかくでみると けっこういいかおだね」って笑う。

ロゴ
☆☆笑子より

この絵本は
「うちのかぞく」シリーズのなかの1冊です。

いつもの風景がぐっと縮尺を変えて目の前にあらわれ
笑顔になれます。

本を開けば いつのまにか
金魚鉢の中にいたりして

パタンと本をとじればもとの部屋。
絵本の醍醐味を味わえる絵本です。

おはなし絵本のロゴ4

【おはなし絵本サロンのご案内】

8月は第3土曜日がお盆休みになってしまいますので、
第4土曜日(23日)と第5土曜日(30日)
に開催予定になります。
テーマは「人生を楽しもう」です。

夏1

その他の曜日でも
お友達が集まるので、セラピーを。
というご希望がありましたら、ご連絡くださいね。

すいか
では、今週の後半もがんばっていきましょう。

お盆休みの方は、お休みを楽しんでくださいね。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

「かもめのすいへいさん」

H26・8・6 発

夏6

昨日は、今年最高の気温になったようですね。
本当に暑いです。…
でも、秋になるとこの暑さが懐かしくなるもの・・・
体調を整えて
今のうちに、思い切り夏を体感しておきましょう。

受け入れ
昨日は、残念なニュースが飛び込んできました。
理研の笹井氏の悲報。

私は、新聞やTVなどから詳しいことは
あまり聞いてはいないのですが、

責任を重く受け止め、
周りからの圧力で、精神的に追い詰められていたとのこと。

私がここで、理想論的なこと言っても・・と思うのですが
どうして、このような優秀な方
世界的にも権威をもてる方が、
このような結果になってしまうのか、とても残念だと思います。
おくやみ

こういう時に
オールジャパン的な考え方で
このような方を責めるようなことをしない世の中って
実現しないのでしょうか。

研究所的な小さなまとまりとしてではなく
日本としてのチームと考えたら、
思うような結果にならなかった時に
人を責めるでしょうか?

小さい集団として考えるから
他の集団が、他の集団を責めるような形になってしまうのだと
思うのです。

オールジャパンと考えたら
または、世界的な広さで考えたら
どこがいけなかったのか共に考え
次のステップにいくには、どう考えたらいいのか
一緒に考え進むことができるのでなないでしょうか。

私が、言うことは
小学生の道徳のようなことかもしれません。
でも、世のため人のために
活躍できる素晴らしい方を
こんな形で、失ってしまうことが、とても悲しくて
今日は、ちょっと書かせて頂きました。

笹井さまのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

いのちの2

では・・
ちょっと、空気をかえて・・

童謡にいってみたいと思います。

【童謡】

「かもめのすいへいさん」

かもめ6

♪♪かもめの すいへいさん
ならんだ すいへいさん
白い帽子 白いシャツ 白い服
波に チャップ チャップ うかんでる♪♪

ユーチューブはこちらです。↓
ダンスしながら歌うと楽しいかもしれません。笑
http://www.youtube.com/watch?v=keulO4hoQPw

ロゴ

☆☆笑子より

かもめ=白
海=青
そして水兵さん=白と青のストライプ
この色合いが、とっても夏らしいですね。

暑いときは、色の工夫も必要かもしれませんね。
白・青
涼しそうな色を利用したいです。

かもめ2

そして
広々とした海をバックに
振付けをして
体を動かしたらいいですね。
(あ、先ほどのユーチューブを見て思ったことです)

ちなみに
歌詞の中で「白いシャツ」と「白い服」って
同じじゃないですか?
って思いませんでしたか?

かもめ4

(↑これは青い服ですが・・)

調べてみましたら

「シャツは私服の下着ですが
服は官品の軍服ですから
別々に扱う必要あります。」

ということでした。

かもめ1

続いて絵本です。

【絵本】

「ウィンクルさんとかもめ」

ウィンクルさん
ジェラルド・ローズ
訳: ふしみみさを
出版社: 岩波書店)

魚がぱったりとれなくなってしまった ある港町。
原因もわからずみんな大弱りです。
そんななか、ウィンクルさんだけは,毎日おんぼろの船で海へ出つづけました。
ある日、しきりに鳴くカモメのあとを追っていくと……。
ユーモアあふれる人間描写,大胆な海の絵が印象的な,
1961年ケイト・グリーナウェイ賞受賞作です。

ロゴ

☆☆笑子より

ぼろのボートでかもめにえさをやっているウィンクルさんは
いつも周りからバカにされていますが…。

人の本質は見た目だけではわからないもの。
最後は本当によかったなあって思えるとおもいます。

ウィンクルさんの謙虚さは、周りが変わっても変ることがないのが
とてもいい感じで好感が持てます。

おはなし絵本のロゴ4

【おはなし絵本サロンのご案内】

8月は第3土曜日がお盆休みになってしまいますので、
第4土曜日(23日)と第5土曜日(30日)
に開催予定になります。

なつ4

その他の曜日でも
お友達が集まるので、セラピーを。
というご希望がありましたら、ご連絡くださいね。

では、今週の後半もがんばっていきましょう。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。