月別アーカイブ: 2015年5月

「めだかのがっこう」

H27・5・27 発

 初夏7jpg
今日は、季節を飛び越え夏ですね。
こんな時は、水の中を スイスイ泳ぐメダカなど
眺めてみるのもいいですね。

めだか5

ということで、今日は「メダカ」で まとめました。

【童謡】

「めだかのがっこう」

めだか4

♪♪

めだかのがっこうは 川の中
そ~っと のぞいて みてごらん
そ~っと のぞいて みてごらん

みんなで おゆうぎ しているよ

♪♪

ロゴ

☆笑子より

作詞:茶木滋、作曲:中田喜直による日本の童謡の代表ですね。

めだか1

今から、64年前の昭和26年に発表された歌です。
作詞者の茶木滋が、神奈川県小田原市にある荻窪用水で息子さんと話したことから、この歌詞ができたようです。

息子さんが大声で、「メダカ!」と言ったためメダカは姿を隠してしまったので、茶木が「あんまり大声を出すから逃げてしまったんだよ」と言うと、

息子さんは

「大丈夫、またくるよ。だってここはメダカの学校だもん」

と答えたのだそうです。
息子さん、素晴らしいですね。

 

小田原荻窪には「碑」があるそうです。

メダカの学校1

ちなみに
すずめの学校は、戦前に作られ
先生がムチを振ります。(ムチをふりふりチーパッパ♪)

帝国主義(軍国主義)がうかがえます。

すずめ

それに比べ
めだかの学校は戦後に作られ
誰が生徒か先生か区別もつきません。
(だれが生徒か先生か♪)
民主主義(自由主義)がうかがえるそうです。

めだか3

なるほどですね。

ユーチューブはこちらです。↓
https://www.youtube.com/watch?v=77UGvY58_1s

【絵本】

「うまれたよ!メダカ」

うまれたよ!メダカ

(写真: 松沢 陽士  構成・文: 小杉 みのり  岩崎書店

ほら、メダカのむれが たんぼや おがわを

げんきに ならんで およいでいるよ。

みずくさに しっかりと からみついた メダカのたまご。

ちいさな ちいさな メダカのあかちゃん。

 ロゴ

☆☆ 笑子より

メダカのくらしを解説しながら、産卵や卵の発生をクローズアップ写真で紹介していきます。

紹介するのは田んぼのまわりなどにいるクロメダカです。
自然の様子が見える絵本です。

めだか6

「かっこう」

H27・5・20 発

初か
ここのところ、初夏のような気候ですね。
個人的に 私はこの時期が大好きです。

初か5

今日は、初夏を思わせる鳥・かっこう で

いってみたいと思います。

【童謡】

「かっこう」

かっこう6かっこう5

♪♪

かっこう かっこう  しずかに

鳴いてるよ 森の中

ほら ほら 朝だよ

♪♪

ロゴ

☆笑子より

かっこうの歌は、ドイツ民謡で 歌詞は日本人のお二人が書いています。

なじみがあるのが(私にとってですが・笑) 小林純一さんの詞です。 上に載せた歌詞です。

他に、 大浦正美さんの詞もありまして

以下です。

♪♪

かっこう かっこう どこかで 夏を呼ぶ 森の声 ほら ほら ひびくよ

♪♪

もり

そして、カッコウが鳴く歌に 「静かな湖畔」という歌もありますね。

春4

おまけ知識ですが,

かっこうは、実の親に育てられるのではないそうです。

かっこうは習性で、他の鳥の巣に卵を産み、育てさせるのだそうです。
ちょっと、ずるい鳥ですね。(笑)

かっこう3

これは、私ははじめてしりました。 托卵というそうです。

ユーチューブはこちらです。↓

https://www.youtube.com/watch?v=mVb-zn2cgvk

【絵本】

「カッコウが鳴く日」

かっこうが鳴く日

(作・絵: 小泉 るみ子  ポプラ社)

北海道の春。

雪はまだたっぷりあるけど、風でわかる。雪のにおいでわかる。

ロゴ

☆☆笑子より

北海道の野菜農家を舞台に 春をまちわびる少女と家族の生活を描いた絵本です。

読んでいるだけで深呼吸したような気持ち良さが味わえます。

初か3 初か2

「こいのぼり」

H27・5・5 発
こどものひ

子供の日 そして端午の節句と言えば、「こいのぼり」ですよね。

こいのぼり2

東日本大震災の被災地で 弟さんを亡くした大学生の伊藤さんが… 「青いこいのぼり」プロジェクトを立ち上げたことが話題になっていますね。

津波で、祖父母・母・弟を亡くし 震災後2週間してから 弟の好きだった「青いこいのぼり」が瓦礫の中から出てきたのだそうです。

こいのぼり3

震災の年の5月に その「青いこいのぼり」をあげ、弟さんをはじめ 震災で亡くなった 子供たちを偲ぶ思いでその後、毎年あげているそうです。

200匹以上の「青いこいのぼり」が 今年も青空ではためいているそうです。

そして 反響は海外にも広がり、 伊藤さんの活動を知った米国人映画監督スチュウ・リービーさんが、ドキュメンタリー映画「PRAY FOR JAPAN」で青いこいのぼりをとり上げたということです。

ジ~ンと、しますね。

弟さんをはじめ、亡くなられた家族の皆さんも天国で 「青いこいのぼり」を見て喜んでいることと思います。

ハート8

では、今日の童謡は、「こいのぼり」です。

【童謡】

「こいのぼり」

こいのぼり1

♪♪

やねより たかい こいのぼり

おおきい まごいは おとうさん

ちいさい ひごいは こどもたち

おもしろそうに およいでる

♪♪

ロゴ

☆笑子より

この歌は、近藤宮子さんが作詞で、作曲は不明だそうです。 昭和6年に発表されました。

同じ「こいのぼり」に

弘田龍太郎さん作曲の童謡があります。 こちらは、作詞者が不明だそうです。

♪♪

甍(いらか)の波と雲の波、 重なる波の中空(なかぞら)を、

橘(たちばな)かおる朝風に、 高く泳ぐや、鯉のぼり。

♪♪

ちなみに端午の節句には「背くらべ」という歌もありますよね。

この歌の方が古くて(大正8年)、作曲者・作詞者もはっきり分かっているそうです。

こどものひ5

ユーチューブはこちらです。↓

https://www.youtube.com/watch?v=DaUxtzKGV4U

【絵本】

「みどりのこいのぼり」
みどりのこいのぼり
(作: 山本 省三  絵: 森川 百合香   世界文化社)

ここは ぽっこりやま。

「ほらみて やねのうえで こいのぼりが いっぱい およいでいるよ」

「こいのぼり ほしいな~」

すると こざるが はっぱを ひょいっ。

「ね~、これでこいのぼり つくれないかな?」

ロゴ

☆☆笑子より

町の家々に飾られているこいのぼりを、 山から眺めた くまやさるたち。

たくさんの葉っぱを集めて、自分たちのこいのぼりを作ります。

みどりのこい

大きな緑のこいのぼりができあがり、飾ろうとすると、

風がこいのぼりのなかを吹きぬけ、こいのぼりが空ふわ~り。

さわやかな5月の風がふくぬけるような気持ちのいいお話です。
新緑1