月別アーカイブ: 2015年6月

「なつはきぬ」

なつはキぬ2

 

 

H27・6・24発

梅雨ですが、気温は高く、夏はもう来ていますよね。
ということで、今日は、「なつはきぬ」です。
古文で、夏はきぬの「ぬ」は、完了の助動詞「ぬ」の終止形で、全体では「夏が来た」
だそうです。

夏の花3

【童謡】

「なつはきぬ」

うのはな12

♪♪

卯の花の 匂う垣根に

ほととぎす 早も来鳴きて

しのびね もらす 夏はきぬ

♪♪

ロゴ

☆笑子より

この歌は、初夏を思わせる素敵なメロディーと 思っている方は多いと思います。

昔から歌いつがれていますが、現代人の心にも新鮮に染み渡ってくる歌ですよね。

なのですが・・この歌は驚くなかれ(笑) なんと119年前に作られた歌です。
編曲者はいるようですが・・

なつはきぬ3

作詞:佐佐木信綱 作曲:小山作之助

佐佐木さんは、明治5年生まれ、小山さんは、明治の前の文久3年生まれだそうです。

作詞をされた佐佐木さんは、童謡という頭ではなく 古文として書いたようです。 なので、古文の教科書の訳のように 歌詞を訳さないと意味が伝わってきませんよね。(笑)

ということで、 ネットからの文献を参考に 歌詞を訳してみました。

お時間のある方は、読んでみてください。

まず、5番までの歌詞です。

夏の花

【夏はきぬ】

1. 卯の花の 匂う垣根に 時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて 忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ

2. さみだれの そそぐ山田に 早乙女が 裳裾(もすそ)ぬらして 玉苗(たまなえ)植うる 夏は来ぬ

3. 橘の 薫るのきばの 窓近く 蛍飛びかい おこたり諌むる 夏は来ぬ

4. 楝(おうち)ちる 川べの宿の 門(かど)遠く 水鶏(くいな)の声がして 夕月すずしき 夏は来ぬ

5. 五月(さつき)やみ 蛍飛びかい 水鶏(くいな)鳴き 卯の花咲きて 早苗植えわたす 夏は来ぬ

注意;5番は、適当に4番までの単語を並べたようですと書いてりありました。(笑)

なつはきぬ5

そして、訳です。

【夏が来た】

1:うつぎの花の 彩る垣根に ホトトギスが 早くも来て鳴いている 初めて鳴く声を聞く。夏が来た。

2:五月の雨が注ぐ田んぼに 女性が 裾をぬらしながら 稲を植えてる。夏が来た。

3:たちばな(柑橘類)の かおる屋根の下 窓近く蛍が飛んでいる 夏の夜も怠らないで勉学に努めよ。夏が来た。

4:落葉樹のおうちがある 川べの宿で 遠く クイナ(鳥)声がする 夕方涼しい。夏が来た。

5:五月の夜 蛍とびかい いくな鳴き、卯の花咲いて 田植えをしている。夏が来た。

注意:たしかに、5番は、いい加減かもしれませんね。(笑)

夏の花2

ユーチューブはこちらです。↓

https://www.youtube.com/watch?v=gTJLspb6KCs

【絵本】

「なつのおとずれ」

なつのおとずれ

(作・絵: かがくい ひろし  PHP研究所)

「てんきよほうの じかんです。

きょうは かみなり おおあめ とっぷう あられに ごちゅういください。

つゆあけは もうすぐでしょう」

ロゴ

☆☆ 笑子より

気象予報士のかたつむりが「梅雨明けはもうすぐでしょう」と伝えました。 すると太陽が「もうすぐ梅雨明けですか。そろそろみんなに知らせますか」と立ち上がりました。

まず、メロンとスイカが誰かに呼ばれたような気がしました。 それに続いて、セミ、カブトムシ、かきごおり、ソフトクリーム、せんぷうきとひまわりも呼ばれたようです。いよいよ夏の風物詩たちの出番になりました。

そしてながしそうめんのじっちゃんに会うと……。さあ、夏はもう目の前です!

梅雨明けから夏までをユーモアいっぱいに描いた一冊です。

なつはきぬ1

「おかしの行進」

 H27・6・17 発

おかし4

今日は、えほんとカフェにて
ケーキ教室に参加する予定でして、
頭の中は、ケーキ&スイーツに覆われています。(笑)
ということで、今日は、おかしの話題にしました。

 

【童謡】

「おかしの行進」

おかし2

♪♪…

だれでも 一度は 想像したはず

世界中のお菓子が集まってきて

どこまでも 続くお菓子の行進

リズムに合わせて歩いていくよ

♪♪

ロゴ

☆笑子より

この曲は、平成になってから作られた歌で、 童謡というよりも みんなの歌という感じですね。

増田裕子さん(作詞)、平田明子さん(作曲)という 女性の2人から生まれた曲です。

増田裕子さんは、絵本作家でもあります。

「ますだゆうこ」とひらがなで書くと、絵本好きな方は 思いつくかと思います。

「えらいえらい」の著者の ますださん です。

楽しく元気が出る曲です。

おかし65

ユーチューブはこちらです。↓

(おかし行進曲とありますが、おかしの行進です)

https://www.youtube.com/watch?v=hUPGpGMf0I8

絵本も「おやつ=おかし」の本を選んでみました。

【絵本】

「もりのおやつやさん」

もりのおやつやさん

(とりごえ まり:作 学研おはなし絵本)

 はるかぜが ふく あるひ ハルちゃんと こねこの チュチュは もりで おはなを つんでいました。

すると とつぜん みつばちが とんできました。 「おやつ おやつ おやつの じかん」と うたいながら なはの みつを あつめています。

ロゴ

☆☆ 笑子より

おやつの時間、森の動物達がいろいろな食べ物を持って集まってきます。 ハルちゃんと一緒にその様子を見に来たこねこのチュチュが、 うっかりみんなの邪魔をしてしまうのですが・・・

ケーキ2

とてもかわいらしい絵で、ほのぼのとした雰囲気がよく出ています。 おいしいケーキを食べるみんなの様子も、とても幸せそう。 大きな大きなケーキ、一緒に食べたくなる絵本です。

おかし3

 

 

 

「おもちゃのマーチ」

H27・6・10 発

6月1

【童謡】

「おもちゃのマーチ」

おもちゃ1

♪♪…

やっとこやっとこ 繰り出した

おもちゃのマーチが らったった

人形の兵隊 勢ぞろい

お馬もわんわも らったった

♪♪

ロゴ

☆笑子より

『おもちゃのマーチ』は、作詞:海野厚、作曲:小田島樹人により、1923年(大正12年・今から92年前)に発表された歌です。

海野 厚(うんの あつし/1896-1925)は、童謡作家、俳人。ちなみに『背くらべ(せいくらべ)』も海野さんの作品です。

小田島 樹人(おだしま じゅじん/1885-1959)は、秋田県出身の作曲家だそうです。

おもちゃ4

2番の歌詞に 「ぽっぽ」って出てくるのですが・・・

♪♪

やっとこやっとこ 一回り

キューピーもぽっぽも らったった

フランス人形も 飛び出して

笛吹きゃ太鼓が ぱんぱらぱん

♪♪

この ぽつぽってなんだと思いますか?

汽車という意見とハトという意見があるそうですが・・・

おそらく・・と書かれてありましたが これは、ハトだそうです。

はと

ユーチューブはこちらです。↓

https://www.youtube.com/watch?v=2wbiXGrCdLc

【絵本】

「ヤッピーのふしぎなおもちゃ」

パッピーの

(作・絵: *すまいるママ*  教育画劇)

あそんだあとは おかたずけ  「おもちゃばこに ちゃんとしまおうね」

あれあれ はなちゃん ぜーんぶ だしっぱなし だいすきな おにんぎょうも ほったらかし

「おかたずけなんか や~だもん」

ロゴ

☆☆ 笑子より

おもちゃいっぱい!わくわく冒険絵本です。

ヤッピーの妹、はなちゃんがおもちゃをかたづけないで寝てしまったら、 海の向こうの おしおきじまから、こわーい おしおきだんがやってきた!

おもちゃをとりかえそうと、びゅんびゅん号でかけつけると!?

おかたづけをしないはなちゃんのおもちゃたちをおしおきだんが連れて行ってしまいます。 おにいちゃんのヤッピーがおもちゃたちを使って妹のために大活躍してくれます! すごいおもちゃたち!

とても楽しい絵本です。

yjimag

“おしおき団“このフレーズ 使えそうですよね。(笑)

6月2

「みかんの花さく丘」

H27・6・3 発
みかん5

【童謡】

「みかんの花咲く丘」
みかん6

♪♪

みかんの花が 咲いている

思い出の道 丘の道

はるかに見える 青い海

お船がとおく 霞んでる

♪♪

みかん4

ロゴ

☆笑子より

みかんは、5月の初旬頃に、白い花が咲きます。

きれいな白い花が各枝にぽつぽつとつきます。 花びらが肉厚なのが特徴だそうです。

みかんの花1

この歌は、1946年(今から、69年前)に発表されました。

作詞は加藤省吾、作曲は海沼實です。

加藤さんが、30分で詩を作り、海沼さんが列車の中で曲を作り そのころ、人気のあった童謡歌手の川田正子さんが歌い、日本全国に大反響を呼んだのだそうです。 じっくり、ゆっくりではなかったのですね。(笑)

加藤さんが、作詩をした時に、埼玉県深谷に疎開していたということで 、深谷の 神社の横に

「みかんの花咲く丘」の歌碑と, 「加藤省吾顕彰碑」が建っているそうです。

静岡県伊東市がモデルとなっていて、伊東市にも碑があるそうです。

みかんの花咲く丘の碑

ユーチューブはこちらです。↓

https://www.youtube.com/watch?v=_UFiQcGe_Qc

今日の絵本は、みかんの(実の)お話です。

みかんの花2

冬になると食べるみかんは、今頃花を咲かせているのですね。

【絵本】

「みかんちゃん」

みかんちゃん

(作・絵: かわかみ たかこ   学研)

「みこちゃん、そんなに みかんばっかり たべると みかんに なっちゃうわよ」

みこは みかんが だいすきなんだもん。 じゅわあって、くちのなかが みかんの あじで いっぱい。

ロゴ

☆☆ 笑子より

みこちゃんはみかんが大好き。お母さんに「そんなに食べるとみかんになっちゃう」と言われてもやめられません。

するとアヒルのがあこが「たいへん、みこちゃんがみかんになった!」っと。

あららみこちゃん、みかんちゃんになっちゃった。

子供のころ、皆さんもみかんたくさん食べましたか? みかんが食べたくなる絵本です。

みかん2