「はなび」

H27・8・19 発

夏4夏2L

お盆を過ぎ、なんとなく秋の気配を感じる今日この頃ですね。
まだまだ暑いですが、
次の季節が遠くからだんだんと近づいてきます。

皆さんは、どんなお盆休みを過ごされましたか?
夏の風物詩「花火」を見た方も多いと思います。
全国でたくさんの花火大会が開催されているようですね。

はなび2

私の住んでいる前橋でも、「前橋花火大会」が開催されました。
我が家は、開場が近くて、屋上からとても近く見ることができます。
今年も、花火の地響きと共に(笑) 花火を見ました。

はなび1

ということで、今日は花火をテーマにしてみました。

【童謡】

「はなび」

はなび3

♪♪

1番

どんとなった    花火だきれいだな

空いっぱいに   ひろがった   しだれやなぎが   ひろがった

2番

どんとなった   何百赤い星

一どにかわって   青い星   も一度かわって   金の星

♪♪

ロゴ

☆笑子より

作詞:井上赳、作曲:下総皖一 1941年(今から74年前)に発表

花火の一番最初は、14世紀のイタリアだそうです。 日本に渡ってきたのは、1543年(室町時代の末期)で キリスト教が伝わった年でもあるようです。 ちなみに、その6年前には、鉄砲が伝わっているということです。

はなび4

花火は、年々進化していますね。 キャラクターの顔や、開いた時の色や形も工夫されてきているのが 分かりますね。 花火師さんは、裏方のお仕事で、大変なお仕事です。

そこで、ちょっと調べてみました。

はなび0

花火師になるには・・ 製造保安責任者の試験を受け、その免許を持ち 「煙火消費保安手帳」の交付を受ける必要があるそうです。

花火師さんは、1年を通して、常に乾燥を頭に入れて 花火を作っているそうです。

梅雨に入るまでの4月・5月が追い込みの仕事で大忙しなのだそうです。 一般の人には、花火は上げられないので冬の花火を数発上げるのも 限られた人数で忙しく活動しているということです。

ユーチューブはこちらです。↓

https://www.youtube.com/watch?v=BhRWM5kv6FM

【絵本】

「はなびドーン」

はなびどーん

(作: カズコ・G・ストーン   童心社 )

ドドドドーン バーン

ピカピカピカ は・な・び

ロゴ

☆☆ 笑子より

夜空にうかびあがる、色鮮やかな花火。

小さいの、大きいの、赤いの、黄色いの、まるいの、星形の…。

「ドーン」など様々な音といっしょにはじめる花火に、心もぱぁっと明るくなります。

色、音、形が楽しい絵本です。

はなび9