「きしゃ」

H27・9・30 発

あき2

今日で9月も終わりですね。
秋の空に似合うものの1つに汽車があるような気がします。
今日のテーマは「汽車」です。

【童謡】

「きしゃ」
きしゃ1

♪♪

1番

 今は山中 今は浜
今は鉄橋渡るぞと
思う間も無くトンネルの
闇を通って広野原(ひろのはら)

2番

遠くに見える村の屋根
近くに見える町の軒(のき)
森や林や田や畑
後へ後へと飛んで行く

3番

廻り灯籠の画(え)の様に
変わる景色のおもしろさ
見とれてそれと知らぬ間に
早くも過ぎる幾十里

♪♪

ロゴ

☆笑子より

1912年(今から103年前)に発表されました。
作詞: 不明  作曲: 大和田 愛羅

きしゃ2

福島県双葉郡広野町の常磐線広野駅には

歌碑が昭和57年に建立されています。

汽車の碑
汽車に乗っていて 目まぐるしく変わる風景を 書いた楽しい歌ですね。

なつはきぬ5
似た歌に、きしゃぽっぽがあります。
(^^♪ きしゃきしゃ しゅっぽ しゅっぽ しゅぽ しゅぽ しゅっぽっぽ)です。

これは、また後日アップしたいと思います。
きしゃ4

ユーチューブはこちらです。↓
https://www.youtube.com/watch?v=WB8HM8EHzK4

【絵本】

「ぼくのきしゃぽっぽ」

きしゃぽっぽ3

(作: 市川 里美   BL出版

「おきゃくさん おまたせしました じゅんばんに おのりください」

「どこにいきたいですか?すきなところへ おつれします。ポッポー」

 ロゴ

☆☆ 笑子より

ぼくのきしゃが、えきにはいります。シュッシュポッポー!

 おきゃくさんは、カモさん、ひつじさん、おさるさん、くまさんです。

いすのてっきょうをくぐり、クッションのトンネルをぬけて、ぼくのきしゃははしります。
部屋の中を汽車が走る楽しさを書いた絵本です。
きしゃ5