2014年

あけまして おめでとう ございます。

今年もどうぞ よろしくお願いします。



 

うまどし.jpg

 

 

年が明け あらたな気持ちになると

毎年思いますよね。


今年は、どんな年にしよう

今年の 目標は 何にしよう

と。

 

 

 

 

私の周りでは

魔法の質問をされてる方が多く

こんな問いかけをしてくださいます。

 

 



2014年 年の暮れ

1年を振り返り どんな気持ちでいたいですか?

どんな自分になっていたら嬉しいですか?

 

 

未来を先取りですね。

 

 

 

 

お正月かざり.jpg

 

 

 

 

時間や、周りの環境に振り回されない

自分は〇〇をするという

自分軸の目標を持つことは

とても大切だと思います。

 

 

 

 

ただ単に「目標」というより

いくつかの目標のうち

自分の軸となる目標=「自分軸の目標」

と、

したほうが

ぶれにくい感じが出てくるので

そう書きました。

 

 

 

 

 

私の自分軸の目標は・・・

 

 

ペンギンはてな.jpg

 

 

内緒です。(笑)

でも、しっかり決めました。

 

 

 

 

 

みなさんも 今年の暮れに

「やった!!」   「がんばった!!」

思えるよう

 

 

ぶれない自分軸の目標を決めて

お互いに

がんばりましょう。

 

 

 

 

それでは、

今年1年 みまさまにとって

素晴らしい年となれますよう

お祈りいたします。


お正月かざり2.jpg

 

 

 

 

 

 

今年も残すところ

あと1日になりましたね。



みなさんは、どんな1年でしたか?


 

冬.jpg

 

 

 


私は、新たな1歩をあゆみ始めた年でした。

その1歩とは、

 

「おはなし絵本」=絵本サロンをはじめたことです。

 

 

おはなし絵本のロゴ4.jpg

 

「いつか、こんなことが出来たらいいなー」

 

 絵本サロンのことを

友達に話してみたところ

 

 

「それ、いつ始めるの?」

と、聞かれて・・・・

 

 

 

私: 「え!  それは まだちょっと先・・・」


友:「どうして、先なの? じゃ、今出来ることは何?」


私:「うん、やろうと思えば、やれないことはないかも」


友:「じゃ、はじめようよ」

 

 

そんな会話を交わしたあと

「じゃ、やろう!」と

決めたのでした。

 

 

 

 

先のことは、考えず、

来週どうしよう。

来月どうしよう。

と、

その時、その時を

考えて来た結果、10か月続けてこられました。

 




これも、ひとえに 友達・皆様のお蔭です。

本当にありがとうございました。


 

 


そして、来年は、サロンと並行して


私のオリジナルの絵本を

電子書籍にて、毎月出版していこうと思います。

毎月?えー?(笑)

 

 

 

とりあえず、6作品

出来上がる予定です。

 

 

来年は、飛躍したいと考えてる私です。(笑)

 

冬のイラスト2.jpg



今年1年間、HPをご覧いただきまして

ありがとうございました。




来年も どうぞよろしくお願いします。

 


それでは、みなさん、良いお年を

お迎えくださいね。





 

アップル社の創設者である

スティーブ・ジョブズ氏は

56歳の若さで、この世を去りました。

 

 

 

 

最後に言った言葉が

「僕は、世の中の人々のために役立っただろうか」

だったそうです。

 

 



スティーブジョブズ.jpg

(ネット画像から、お借りしました)

 

 

この言葉を聞いて、

スティーブ・ジョブズ氏の思想を知りたくなり

名言集を覗いてみました。



 

その中の2つを

ブログの最後に記載したいと思います。

 

 

 

 

その前に、

この「人々のために役立ったろうか?」


 

 

という言葉が、私の頭の中を

しばらく駆け巡っていて、何かメッセージ的な答えを

求めていました。

 

 

 

 

すると

先日、70歳代後半の

女性とお話する機会があり

その方が、その求めていた答えを

与えてくれました。


 


ひらめき.jpg

 

 

 

 

 

その女性は、

ひとり暮らしをしている方なのですが、

毎年お誕生日になると

市役所から、アンケートが、届くのだそうです。

 

 

 

 

その中で

「あなたは、人の役に立っていますか?」

という項目があるそうなんです。

 

 



そこで、その女性は

特に、役立っていないと思ったので、

その答えを書かずに(無記入のまま)

提出したそうです。

 

 

 

 

すると、市役所から

電話がかかってきて、こんなことを言われたと

言いました。

 

 

 

 

「〇〇さん、その項目に回答がありませんでしたが

〇〇さんは、どなたかの役に立ちたいですか?

 



もし、今、誰の役にも立っていないと感じていても

〇〇さんは、必ず、どなたかの

役に立てるのですよ。」と。

 

 

  

 

人は人と関わり合いながら

存在するだけで

誰れかの支えになっていたり

誰かのお役にたっているのだと思うのです。

 

 

 

 

そして、また

何か人の役に立ちたいという

思いを持つことで


生きる喜びを感じたりするのだと思うのです。

 

 

 

 

現役で、バリバリお仕事を

している方も、

”誰かのための役立つように”

お仕事をしている方は

お仕事に喜びを感じている方だと思います。


 




スティーブ・ジョブズ氏のように

世界中の人々の役に立てるような方も

家庭の主婦のように

家族のために役に立てる方も

自分の与えられたポジションで

誰かのお役に立てるよう、毎日に喜びを持って

生きていくことが大切だと思いました。

 

 

「誰かの役に立つ」

この言葉。

 

 

日々の生活の中で

自分はどこの方向をみているか

見直すきっかけになりました。

 

 

 

 

では、最後に

スティーブ・ジョブズ氏の

名言集の中から、2つセレクトして

載せたいと思います。

 

 

 

 

☆☆

 

未来を見て、点を結ぶことはできない。

過去を振り返って点を結ぶだけだ。

だから、いつかどうにかして点は、結ばれると

信じなければならない。

 

 

  点と点.jpg

 

 

☆☆

 

私がこれまでくじけずにやってこれたのは、

ただひとつ。

 

自分がやっている仕事が好きだという、

ただそれだけなのです。

 

 

☆☆

 

 

 

 



 

 

 



 


 

 
 
今日は、
 
メルマガ登録のご案内です。
 
 
 

スマホ1.jpg

 
 
 
 
=メルマガ登録フォーム=

ここに呼ばれたいお名前と
 
メールアドレスを記入して登録ボタンを

押してください。
 
 
 
 
 
すぐに
 
笑子から、登録完了の

メッセージが届きます。
 
 
 
 
 こちらです。
 
 
 
 
 
このメルマガは

癒しと
 
笑子からの

お知らせや、情報などを
 
お届けするものです。

 
 
 
 
 
 ぜひ、登録してみてくださいね。

お待ちしています。

 
 
 

マウス.jpg

 

 
 
 
突然ですが

つみかさね って
 
大事ですよね。

 

 

 



 

続けていると

次へ、そして次へ・・・

と、色んな展開になっていきますね。

 

 

 

楽しいイラスト.jpg

 

 

なので、このメルマガも

12月からスタートして

どんな形に変化していくか分りませんが。

とにかく つみかさねていこうと思います。

 
 
 
 
 
もちろん、

読者のみなさんの

心にも 何かつみかさなるものが
 
あるように 配信していきたいと思います。
 

 
 
みなさん どうぞよろしくお願いします。

クリスマス2.jpg
 
 
 
 
 

メルマガ・発行予定

 

12月より

メルマガを発行することになりました。

 

 

まだ、準備段階でして

どんなメルマガにしようかと

試案中です。


 



多くの方が、「学び」や「気づき」の

メルマガを発行していますが

私は、「癒し」でいってみたいと思います。

 

 

 

癒しなので 

ためには、ならないと思います。(笑)

と、言いきってしまうのは

よくないですね。

心にためになります。

 


絵本や童話・わらべ歌や童謡

などから、学び・気づきを

取り入れていきたいと思います。

 

らっこ.jpg

 

 

 

1週間に1回ペースです。 

1週間の真ん中

1日の真ん中の

水曜日のお昼に発行しようと考えています。


 



なので、

あさみ笑子からのメルマガが届いたら、

今週も折り返し。

と思って、ちょっとだけ癒されてくださいね。


 


登録のご案内は

用意が出来次第、今月中に

笑子のあれこれに

載せたいと思います。

 

 

 

今日はちょっと、お試しで

童謡・「げんこつやまのたぬきさん」



載せてみようと思います。

 

 

 

げんこつ.jpg

(作:笑子)

どうぞ笑ってください。(笑)

ちなみに、私は絵が描けない絵本作家です。

 

 

 

 

「げんこつやまのたぬきさん」

♪♪げんこつやまの たぬきさん

おっぱいのんで ねんねして

だっこして おんぶして またあした ♪♪

 

 

ロゴ.png

食べて 寝て 

人と語り合い 人と支え合い

また明日がくる

 



このシンプルさ、

いいですね。

 

 

 

 

☆☆

こんな感じのメルマガを

試案中です。




繰り返しますが

近々、ご案内しますので

ぜひ、ご登録してみてくださいね。





 

 

宇宙に飛び出したことはないけど

その研究・開発をしている方のお蔭や

宇宙飛行士さんお蔭で

宇宙のことを知ることが出来ますよね。

 

 

 

また

深い海の中を潜ったことはないけど

その映像を撮影してくれる方のお蔭で

海の中の一部を見ることも出来ますよね。

 

 

 

それらは、共に知識として

頭に残り、私たちの中にあります。



宇宙.jpg      海2.jpg

 

 

 

小説や物語を読んで

感動したり、感銘をうけたりすること

ありますよね。




スポーツ選手の

目標や夢に向かって進む姿に

感動することもありますね。




それらは、共に感動として

心に残り、私たちの中にあります。

 

 

 

  本3.jpg

 

 

 

 

今度は、食べ物です。

たくさんの食品をたくさんの人の手に

よって、私たちは食べていることになります。

 



それらは、

栄養として私たちの体を作り

私たちの中に残されたことになります。

 

  たべもの3.jpg

 

 

 

 

つまり

人は、考え・思い・食べ・その時々を

たくさんの方々のお蔭に支えられて

より良く生きているのだなーと思うのです。


 

 



そんな思いをまとめた絵本

「ぼくは」

 

ぼくは3.jpg

 

 

この絵本は、芥川賞受賞作家の藤野可織さん

大人気絵本作家の高畠純さんの

コラボ絵本です。

 

ぼくは4.jpg

 

 

 

飲んだ牛乳も、

食べたパンも、読んだ本も

全部きみのなかにいるよ。

 

 

 

ぼくは.jpg  ぼくは2.jpg

私たちは、とてつもなくたくさんの

ものを

自分の中に入れ、持っているのです。

 




そして

何かで悩んだ時に

その答えは自分の中にあるよ。

という言葉(事実)があるように

 

 



全ては、自分の中で世界が広がり

求めれば、探しているものが見つかるのだと思うのです。

 

 

 








 

オーラをピカピカに



昨日は、

オーラリーディングカウンセラーの

まぁーちゃんこと 武田まさよさんの

「まさよ塾」に参加してきました。



まぁーちゃんのブログはこちらです。

http://ameblo.jp/la-lune-smile/entry-11656854403.html


 

そこにいるだけで

なんとなく キラキラしてて輝いている人っていますよね。


 

 


また、

その人がいるだけで

その場の雰囲気が重く、どんよりしてしまう

そんな人もいますよね。


 



それは、目には見えない

その人のエネルギーが

周りに影響を及ぼしているからです。

 

 

 

そのエネルギー

もしくは 波動、それがオーラです。


 



と、ここまでは

私も今まで、分かっていました。(笑)

 


 

 

ここから

まぁーちゃんに教えて頂いたことを

ちょっとだけ書かせて頂きます。


 


まず、

オーラってどのくらいの

大きさか絵を描きました。




これです。

オーラ.jpg

両手を広げた大きさで

卵形に自分を包む位の大きさだそうです。

 

 


 


☆☆

ここから伝授です。


 



この大きさのエネルギーを

自分が出しているということですね。




このオーラの中に

自分がいつも思っていることが

入っています。




いつも

楽しいことや 良かったことを

思っていると

オーラがピカピカと輝いてきます。





逆に、イライラやモヤモヤな

気持ちでいると

オーラが、どんより淀んできます。



 


そこで大事なのは

宇宙のエネルギー(波動)=愛に

自分のオーラ(波動)を合わせるという

ことです。

 

 

 ☆☆

 



これは、私の作品の

「たいちゃんは守り神」でも書いたことで繰り返しになりますが

宇宙のエネルギーは愛です。

 


愛.jpg

 

 


この愛のエネルギー(波動)に

自分の気持ちを合わせると

ものごとがスムーズにいきやすいのですね。

 

 

 

人は、常に

快な気持ちでいられる訳ではありません。

人間ですから。




不快になった時に

その気持ちを引きずらないで

なるべく早く、愛のエネルギーに

自分のオーラを合わせていく。

そのことがとても大切であると思います。

 

前向きに、明るく楽しく。




目には見えないけど

オーラって、とても大切ですね。




 

先日、

群馬佐波郡玉村町文化センターで

開催されていた

「とよた かずひこ」さんの原画展に

行って来ました。

 

 

 

とよた2.jpg 

 

平日だったので、来客数は

ちらほらでしたが

土日は、たくさんの親子ずれが

訪れたそうです。

 

 

 

土曜日には

とよたさん、ご自身の絵本の読み聞かせや

サイン会などもあり

楽しい企画満載だったそうです。

(事後報告ですみません)

とよた1.jpg

(そして、写真がぼやけててすみません)

原画はもちろんお見せできないのですが

 


たくさんの絵本を

出版されています。

その代表作に「ももんちゃん」シリーズがあります。

 

 

ももんちゃん.jpg

 

 

2ー5歳くらいを対象とした

絵本がほとんどですが

とよたさんの 絵本づくりには

こだわりがあるようです。


 


そのこだわりのお話を

原画展の主催者の会の方から

お聞きしたのですが、

今回は、そのことには触れず・・・

ごめんなさーい。(~_~;)

 



とよたさんの お人柄がよく伝わってきたので

そのことを

書いてみます。

 

 

 

まず、とよたさんは、

とにかく優しい雰囲気の持ち主ということです。

 

(私は、面識がありません・ 悲)




そして、上から目線でなく

ひとりひとりを 同じ目線で

とても大切にするそうです。


 

 


読み聞かせの

途中でも、聞いている子供の

様子がおかしい時は、その子に気を配ったり、

 

 


大人しそうにしている子に

優しく話かけたり、

 



そして、びっくりしたのは

その場で、子供さんの名前を

覚えてしまうのだそうです。


 

 

「〇〇ちゃん!」と覚えたら、

次、話かけるときは、

間違えずに、「〇〇ちゃん」と呼びかけるそうです。


 


そして、場所が変わり

帰りの場面などで、

その子の、名前を呼んで さよならを言うのだそうです。

 

 


そこにいる子全員という

訳にはいかないと思いますが、

そのように

とにかく、ひとりひとりを

大切に思う気持ちがある方のようです。


 



私は、そのお話を聞いて

一気に、フアンになりました。ニコ!




おはなし絵本(サロン)でも

とよたさんの絵本は

常に読んでいきたいと思います。

 

 

 

とよたさんの

絵本や、とよたさんの

絵本のこだわりなど、お話したい方は

ぜひ、絵本サロンにいらしてくださいね!

いっしょにお話しましょう。

 

 

ばら7.jpg

会場で咲いていたバラです。

 

 

 

 

 




 

 



 

「笑子のあれこれ」

大変ご無沙汰してしまいました。



私自身、あれこれありまして・・・ww

 

 

今回は、私自身の内容ですが、 

この間に、セミナーや個人セッションなども

受けたりして

お勉強もしたりしていたのです。ハイ!

 



少し、文面がラフになったと感じる方も

いらっしゃるかもしれませんが、

お勉強で学んだことの1つに

ブログは、書く本人が、楽しい気持ちで

楽しく書きましょう!

ということがありました。

 



 

(株)心に響く話方

でご活躍されている宮北侑季さんの

メルマガでもお話されていますが、

読んでくださる方に、話かけるように

書いていくと、

伝えたいことが伝わりやすいようです。

 

 

 

(株)心に響く話方
HPはこちらです。

http://www.genkyo.net/pro.html

 

 

 

ということで、

やはり自分の考え・思いを

お伝えしたい方に、伝えやすくする方法も

考えつつ前進していきたいと思います。

 

 

 

そこで、私が選んだ1冊の絵本

「まほうのえのぐ」

 

まほうの絵の具.jpg

 

少しづつ、自分に足りない色を

加えていって、友達の協力も

得ながら・・


楽しみながら・・・

夢をみるように

素敵な絵が完成していくストーリー。

 

 

 

こんな風に、

自分に不足していたカラーを


素直に取り入れ

背伸びをせず、等身大の

まま進んでいこうと思います。

 

 

 

そして、等身大そのものを

少しづつ

大きくしていこうと思います。

 

 

 

 

 

 






 

 

先日、住宅展示場で

絵本の読み聞かせをしてきました。

 

 



いつも サロンで

大人の方に読み聞かせをしていますが

子供さんへの読み聞かせは

ほんの少しだけの経験しかなかったので

とても勉強になりました。

 

 

 

 

住宅展示.jpg

 

 

 

まず、何が違うかというと

ちびっこは

文を聞くよりも

絵を見ていることです。

 

 

 

 

 

絵を読んでいる

言ったほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

聞いている

ちびっこの性格にもよりますが

次のページを

ワクワクしながら、絵を読んでいるのです。

 

 

 

 

 

読む側も

文章の会話の部分だけ

読んでみたりと・・工夫が必要でした。


 



ちびっこが

絵本を 楽しんで 聞ける工夫も

これからの課題だと思いました。

 




聞く側のニーズに応じた

読み聞かせを

心がけて、これからも

楽しみたいと思います。